コンサート情報

2017年3月23日(木) 13:30

【浜離宮アフタヌーンコンサート】
石丸幹二×つのだたかし「リュートソングと武満徹のうた」

  • 託児
  • 完売御礼

2016年12月20日(火)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

石丸幹二(歌/朗読)
つのだたかし(リュート)
ゲスト:角田隆太(ベース/編曲)

石丸幹二©西村淳、つのだたかし©Leonardo Bravo
石丸幹二©西村淳、つのだたかし©Leonardo Bravo
角田隆太
角田隆太

内容

俳優で歌手の石丸幹二と、リュート奏者のつのだたかしがおくる「リュートとつむぐ歌と詩の世界」。
3回目の今回は、"現代のリュートソング"と言える武満徹の歌曲を中心に、ゲストにベースの角田隆太を迎え、そっと心に寄り添うメロディを届けます。

シェイクスピアの時代に活躍した作曲家ジョン・ダウランドのリュートソング。
それから約400年の時を経て生まれた、武満徹の「SONGS」。

時代を超えて通じ合う、静謐な歌と詩の数々を、あまく繊細なリュートの音色とともにお楽しみください。

J.ダウランド:悲しみよとどまれ/涙のパヴァーヌ
武満徹:三月のうた/めぐり逢い/うたうだけ/明日ハ晴レカナ、曇リカナ/燃える秋 ほか

チケット価格

全席指定:5,500円

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
TEL:03-3267-9990
朝日ホールオンラインチケット
ローチケ.comロゴ
Lコード:32269
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

出演者プロフィール

■石丸幹二(歌/朗読)Kanji Ishimaru

東京音楽大学でサックス、東京藝術大学で声楽を学ぶ。1990 年、ミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)でデビュー、以後、現在までミュージカル界をけん引する俳優として数々の作品に出演する。歌手としてはソロアルバム「My Musical Life」「Love Songs」「kanji ishimaru」等のほか、リュート奏者つのだたかしと「武満徹のうた」をリリース。コンサートも大ホールからジャズ・クラブと多彩に展開。映像では、NHK復興支援コンサート「明日へつなげるライブ」の司会・歌を2年にわたり務めるほか、多くの音楽番組に出演。さらに、NHK「みんなのうた」で「かいじん百面相」を歌唱、映画「サウンド・オブ・ミュージック」製作50 周年記念盤でトラップ大佐役を吹替え、ドキュメンタリー「時代を楽譜に刻んだ男 山田耕筰」(NHK)では歌、演技、旅の三方向からその人生を追った。クラシック音楽とは「朗読」で関わることが多く、ライフワークであるストラヴィンスキー「兵士の物語」では、サイトウ・キネン・フェスティバルや宮崎国際音楽祭などの舞台に立つ。ストラヴィンスキー指揮盤に朗読を新たに収録したCD「兵士の物語」は『レコード芸術』特選を獲得。さらには、東京フィルハーモニー交響楽団のグリーク/劇付随音楽「ペール・ギュント」(指揮・ミハイル・プレトニョフ)では全編をひとりで朗読するなど、声の表現の多様性を探っている。2017年は、1-2月「キャバレー」、5-6月「パレード」と二本のミュージカルに出演予定。

■つのだたかし(リュート)Takashi Tsunoda

ドイツ国立ケルン音楽大学リュート科を卒業。ルネサンスからバロックの時代に愛された撥弦楽器リュートのソロのほか、歌曲の伴奏者として内外の名歌手と共演、深い信望を得て国内外で数多くのコンサートを行っている。ジャンルを超えた古楽器バンド《タブラトゥーラ》、聖歌・宗教音楽を演奏する《アンサンブル・エクレジア》を主宰。モンテヴェルディのオペラ「オルフェーオ」、シェイクスピアの舞台「十二夜」(Bunkamura)、フランス中世の歌物語「オーカッサンとニコレット」(劇団NLT)の音楽などの舞台作品、「花よりもなほ」(是枝裕和監督)など映画の音楽も手がける。古楽CDプライベートレーベルのさきがけとなった『パルドン』をプロデュースして「リュート」「悲しみよとどまれ〜ダウランド・リュートソング集」「古歌」「アリアンナの嘆き」など、16-17世紀の声楽曲を中心にCD作品を多数発表。古楽の新しい楽しみを発信し続け、ジャンルを越えた幅広い聴衆から支持を受けている。2016年、俳優・歌手の石丸幹二とリュート伴奏による「武満徹のうた」をリリース。

■角田隆太(ベース/編曲)Ryuta Tsunoda

1987年生まれ。クラシックギター、エレキベースを経て、明治大学のビッグバンドでベースを担当。リーダーを務めた年に山野ビッグバンドジャズコンテストで第2位入賞。在学中からさまざまなアーティストのサポートを始める。2011年、自ら作詞作編曲を手がけるポップスユニット「ものんくる」をヴォーカルの吉田沙良と結成。2013年1stアルバム『飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち』を菊地成孔プロデュースのもとにリリース、2014年2ndアルバム『南へ』でメジャーデビュー、同年Jazz Japan Disc Award 新人賞を受賞。現在は「ものんくる」を中心に、ジャズ、ポップスのシーンで活動中。CD「武満徹のうた」では編曲を担当。