コンサート情報

  • 先月へ
  • 2019

    6月

  • 次月へ

2019年6月26日(水) 19:00

ニュウニュウ(牛牛)ピアノ・リサイタル

  • 託児

4月2日(火)10:00~ 一般販売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

ピアノ:ニュウニュウ(牛牛)

(C)Chris Lee
(C)Chris Lee

内容

21歳になったニュウニュウが5年ぶりのソロリサイタル!


12歳で日本デビューをした神童が、21歳という青年へと成長を遂げて、5年ぶりの日本ツアーを行う。その間、米国ジュリア-ド音楽院で研鑽を積み、クラシック音楽の名門レーベルデッカと専属契約。この1月から続編の放送が始まったTVアニメ『ピアノの森』(NHK 総合テレビ)では、主人公のライバル、パン・ウェイの演奏を担当。クラシックファンのみならず話題豊富な天才ピア二ストが、浜離宮朝日ホールに満を持して登場する。

★朝日ホール・チケットセンター WEB先行販売:3月9日(土)10時~4月1日(月)18時★

★e+(イープラス)座席選択販売 3月9日(土)12時~★



きたる3月8日(金)、ニュウニュウがNHK番組「ららら♪クラシック」に出演します! 【放送終了】

TVアニメ『ピアノの森』でメインキャラクターたちの演奏を担当する3人のピアニストが出演し、役柄への思いやアニメの魅力を語ります。主人公の好敵手であるパン・ウェイ役のニュウニュウは、スタジオでショパンのハ短調練習曲『革命』を弾きます。

放送時間:3月8日(金)午後9時30分~午後10時
番組名:NHK Eテレ~ららら♪クラシック「らららmeets ピアノの森」
他の出演者:反田恭平、高木竜馬

→引き続き『ピアノの森』の演奏を担当中。3月18日(月 ※日曜深夜)午前0:10からの第20話は「パン・ウェイの真実」


【プログラム】

ショパン:即興曲第2番嬰ヘ長調Op.36、即興曲第3番変ト調Op.51、ピアノソナタ第2番「葬送」変ロ短調Op.35、舟歌 嬰ヘ長調 Op.60、スケルツォ第3番嬰ハ短調Op.39

シューベルト:即興曲 D899 Op.90 第2番、第3番、第4番

メンデルスゾーン:ロンド・カプリチオーソ Op.14

リスト:ウィーンの夜会(シューベルトによるワルツ・カプリース)第6番 S.427の6

※実際の演奏曲順とは異なります。また都合により、曲目が変更となる場合がございます。ご了承ください

チケット価格

全席指定・税込み ¥4,500

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
ローチケ.comロゴ
Lコード:32525
電子チケットぴあ
Pコード:143-108
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

※託児サービスあります(要予約)。お問い合わせ・お申し込みはイベント・マザーズ(0120-788-222)へ

出演者プロフィール

■ ニュウニュウ(ピアノ)Niuniu,Piano

本名、張勝量(Zhang Shengliang)。1997年中国福建省厦門(アモイ)の音楽一家に生まれる。3歳で才能の片鱗を見せ始め、音楽教師の父より手ほどきを受ける。2003年8月、6歳になった直後にデビューコンサートを行い、モーツァルトのピアノ・ソナタやショパンのエチュードを演奏。8歳で上海音楽院に史上最年少で入学。その後ニューイングランド音楽院等を経て、2018年5月に名門NY・ジュリアード音楽院を卒業。
2007年最年少で国際クラシックレーベルのEMIクラシックス(現ワーナークラシックス)と専属契約を結ぶ。2008年デビューアルバム『ニュウニュウ・プレイズ・モーツァルト』、2010年『ショパン:エチュード全集』、2012年『リスト・トランスクリプションズ』等を連続リリース。2016年にヤツェク・カスプシク指揮ワルシャワ・フィルハーモニック演奏でラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲をリリース。2017年秋ユニバーサル・レコードと専属契約を結び、日本でデッカレーベルより2018年9月に新アルバム『リスト:ピアノ・ソナタ~ヴィルトゥオーゾ&ロマンティック・ピアノ作品集』をリリースしている。

近年は、プラハの「ドヴォルザーク・フェスティバル」にてチェコフィル(指揮:イルジー・ビエロフラーヴェク)、ワルシャワ国立フィル(指揮:ヤツェク・カスプシク)、上海交響楽団(指揮:ムーハイ・タン)等と共演。2016年8月には1カ月で中国国内16都市を回るリサイタルツアーを実施して、大成功を収めた。

日本では、2009年10月弱冠12歳でサントリーホール(東京)、ザ・シンフォニーホール(大阪)でデビュー。共にホールのリサイタル最年少記録を更新した。翌年には初のリサイタルツアーで大きな成功を収めた。2011年9月、佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会にてショスタコーヴィチ作曲「ピアノ協奏曲第1番」、ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による狂詩曲」を演奏し好評を博す。
2018年にスタンドアップ!クラシックフェスティバル2018(横浜)、アニメ「ピアノの森」ピアノコンサート(奈良・春日大社)に出演。
アニメ「ピアノの森」(NHK総合テレビ)で、中国人ピアニスト パン・ウェイのピアノ演奏を担当している。

♪♪ ニュウニュウからのメッセージ ♪♪
デビューした時から応援してくださっている日本の皆さま、こんにちは。今回デッカのデビューCDが発売になり、同じ時期に人気アニメ『ピアノの森』のプロジェクトにも抜擢いただいて、再び日本の皆さまにお会いできることになりとても光栄です。10年前から応援してくださっているファンの皆さまには、必ずや私の音楽的成長をご覧いただきますし、『ピアノの森』ファンの皆さまには、コンサートホールで聴くピアノの音色を楽しんでいただけたらと思います。皆さまにお会いできるのを本当に楽しみにしています!



https://www.niuniumusic.com/