コンサート情報

2019年8月29日(木) 11:30

【浜離宮ランチタイムコンサートVol.187】
迫昭嘉(ピアノ)with 長谷川陽子(チェロ)

  • 託児

4月9日(火)10:00~ 一般発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

迫昭嘉(ピアノ)長谷川陽子(チェロ)

迫昭嘉 (C)武藤章  長谷川陽子    (C)Hideki Shiozawa
迫昭嘉 (C)武藤章  長谷川陽子 (C)Hideki Shiozawa

内容

ブラームスの名曲と東欧の小品で贅沢な時間を

日本のドイツ音楽の権威として、ピアニスト・指揮者として第一線で活躍するかたわら、東京藝術大学教授・音楽部長なども務める迫が、日本を代表するチェリストの長谷川と、ブラームスやチェコ・ハンガリーの作曲家の作品を演奏。

【プログラム】

ブラームス:チェロ・ソナタ第2番ヘ長調 Op.99、スケルツォ~ヴァイオリン・ソナタF-A-E(ワトソン・フォーブス編)
マルティヌー:ロッシーニのテーマによる変奏曲
リスト:ペトラルカのソネット104番
ドヴォルザーク:森の静けさ
ポッパー:ハンガリアン・ラプソディ ほか

★WEB先行発売 3月9日(土)10:00~4月8日(月)18:00★

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
〈3公演セット券はこちら〉
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=w19789
電子チケットぴあ
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

※託児サービスあります(要予約)。お問い合わせ・お申し込みはイベント託児・マザーズ(0120-788-222)

出演者プロフィール

■迫昭嘉(ピアノ)Akiyoshi Sako,Piano

東京藝術大学及び東京藝術大学大学院、ミュンヘン音楽大学マイスタークラス修了。中山靖子、クラウス・シルデ各氏に師事。東京藝術大学大学院にてクロイツァー賞を受賞、ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、東京国際音楽コンクール室内楽部門優勝(1980)、ハエン国際ピアノコンクール優勝およびスペイン音楽賞(1983)、ABC国際音楽賞受賞(1998)。2001年のライヴレコーディング『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』は「ドイツ・ピアニズムの本流を継承する名手」と評価され、全てのディスクが『レコード芸術』誌で特選盤・推薦盤に輝くなど名演奏の呼び声が高い。浜離宮朝日ホールでのリサイタルでは、彼の原点とも言えるベートーヴェンから、バッハ、リスト、グラナドスの作品まで披露。2015年12月には2台ピアノによるベートーヴェン(リスト編曲)の第九とそれに関連した作品を演奏する「迫昭嘉の第九」公演をスタートし継続している。近年はピアニストの活動の他、指揮者としての活躍も目覚ましい。現在、東京藝術大学教授・音楽学部長、東京音楽大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授として後進の指導にも当たる。

■長谷川陽子(チェロ)Yoko Hasegawa,Cello

色彩豊かな音色と音楽性を持ち合わせた、日本を代表するチェロ奏者の一人。2017年、デビュー30周年を迎えた。桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」で井上頼豊氏に師事。1987年リサイタル・デビュー。翌1988年小林研一郎指揮/日本フィルとの共演で協奏曲デビュー。桐朋学園音楽大学を経て、シベリウス・アカデミー(フィンランド)に留学。アルト・ノラス氏に師事し、1992年首席で卒業。これまで国内外の主要オーケストラとの共演多数。全国各地でのリサイタル、室内楽、企画コンサートへ出演している。メディアにも多数出演しており、2017年NHK Eテレ「ららら♪クラシック」では、MC高橋克典氏のチェロの先生やゲスト等で出演を果たした。CDはビクターエンタテインメントより、最新版として2017年10月に「ショパン・トリビュート」をリリースした。ロストロポーヴィチ国際コンクール特別賞、モービル音楽賞奨励賞、新日鉄音楽賞フレッシュ・アーティスト賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞等、受賞多数。現在、桐朋学園大学音楽学部准教授。