コンサート情報

2019年10月4日(金) 19:00

演奏活動40周年記念
藤原真理 ベートーヴェン・チェロソナタ全曲演奏会【第2回】

  • 託児

2019年4月13日(土)10:00一般発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

藤原真理(チェロ)
倉戸テル(ピアノ)

藤原真理©Atsuya Iwashita
藤原真理©Atsuya Iwashita
倉戸テル
倉戸テル

内容

バッハの無伴奏チェロ組曲は旧約聖書、ベートーヴェンのピアノとチェロのためのソナタは新約聖書とたとえて言われる事が多い。残念ながら多くはないチェロのレパートリーにおいて、上記の作品は天空を支える2台柱のようだ。古典の時代にあって和声の推移を駆使して作曲されたバッハの無伴奏組曲。ベートーヴェンの初期のソナタは古典の形式を守りつつも、よく見ると作曲法の発展の芽が随所に見られ、その傾向は中期、後期において熟していく。もし私が独り孤島に住むとして音楽を持っていけるとしたら、これらの作品だ。
 今回はベートーヴェンを取り上げる。何よりも大事なのはピアノとチェロの自由な対話で、とくにベートーヴェンのソナタではこの点が最大限に要求される。実際問題、自由に弾いてそれが演奏の魅力になるというのは簡単な事ではない。ピアノ譜を見て可能性の限りを求め、想像力を働かせ、各々の楽器を弾く基本的な技術は常に練習しながら、探し出したイメージを音に表すための練習をする。こうした準備を経て、演奏会の舞台上で音を聞きあい、反射神経で反応しあうのだ。たやすいことではないが、楽しみでもある。 ―藤原真理―

<オール・ベートーヴェン・プログラム 第2回>
モーツァルト「魔笛」より『恋を知るほどの殿方には』の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO.46
ピアノとチェロのためのソナタ 第3番 イ長調 Op.69
ピアノとチェロのためのソナタ 第4番 ハ長調 Op. 102-1
ピアノとチェロのためのソナタ 第5番 ニ長調 Op. 102-2

チケット価格

全席指定¥4,500
2公演セット券¥8,000(朝日ホール・チケットセンターのみ扱い)

【第1回】9/20(金)14:00開演

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
【第1回】9/20(金)・【第2回】10/4(金) 2公演セット券 web購入はこちら
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=wfmset
e+(イープラス)座席選択先行受付を行います。受付期間は4/4(木)12:00から4/10(水)18:00まで(先着順)
URL:http://eplus.jp/asahihall/
ローチケ.comロゴ
Lコード:34271
電子チケットぴあ
Pコード:143-263
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

出演者プロフィール

■藤原真理 (ふじわら まり) /チェロ

"大阪生まれ。1959年に桐朋学園「子供のための音楽教室」に入学し、以後15年間、日本を代表する指揮者、チェリストそして教育家である斎藤秀雄に師事。71年第40回日本音楽コンクール・チェロ部門第1位および大賞を受賞。その後世界の巨匠であるフルニエ、ロストロポーヴィチ両氏に師事。78年第6回チャイコフスキー国際コンクールにおいて第2位を受賞。以後名実ともに日本を代表するチェリストとして国内外で活躍。2012年秋には世界的名手ジャン=ジャック・カントロフ(バイオリン)とウラディミール・メンデルスゾーン(ヴィオラ)と結成している<モーツァルト・トリオ>の日本ツアーを全国6か所で実施。 
DENONレーベルよりソナタ集、室内楽など多数CDをリリース。近年は、NHK教育テレビ「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」(10年4月、13年1月)、NHKBSプレミアム「宮沢賢治の音楽会~3.11との協奏曲」(11年10月)、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」エンディングテーマを坂本龍一と共演する等テレビ出演も多数。2014年秋J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲の新録音<J.S. Bach 6 Suites a Violoncello solo senza Basso>をナクソス・ジャパンよりリリースし、レコード芸術誌特選盤に選ばれるなど好評を博す。"

http://www.mari-fujiwara.com/

■倉戸テル (くらと てる) / ピアノ

東京芸術大学大学院修士課程修了。ジュリアード音楽院大学院卒業。オーケストラとの共演、国内外でのリサイタル活動の他、室内楽の分野でも絶大な信頼を得ており、特に藤原真理(チェロ)との共演回数は200回を超える。2008年、ベートーヴェンのピアノトリオ「街の歌」を中心としたCDをリリース(オクタヴィア・レコード)。ピアノを芝令子、矢部民、高良芳枝、故堀江孝子、マーティン・キャニンに、室内楽を故サミュエル・サンダース、ジョナサン・フェルドマン、チャールズ・ナイディックの各氏に師事。宮城教育大学教授。