コンサート情報

2020年2月27日(木) 11:30


【浜離宮ランチタイムコンサートvol.193】
須川展也サクソフォン・リサイタル

  • 託児

一般発売 10/2(水)10:00

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

須川展也(サクソフォン)
小柳美奈子(ピアノ)

(C)Tey Tat  King                (C)土居政則
(C)Tey Tat King            (C)土居政則

内容

超絶技巧のサクソフォンに魅了される


クラシック音楽における現在のサクソフォンブームの先駆けとなった須川。2019年デビュー35周年を迎え、そのレパートリーは、クラシック音楽のみならず、ジャズ、ポップス、タンゴと幅広い。そして自ら当代一流の作曲家に委嘱した作品は数知れず、本公演にも半分以上含まれており、音楽界における須川の功績と言える。本番で作品の素晴らしさを聴けば、須川が委嘱した作品の譜面を、次代の若いサックス奏者たちが次々とレパートリーにしていることもうなずけるはず。

いつも何かを追い求めて止まることなく走る続けているアーティストとして、また歌うような演奏スタイルは、今もますます進化している。そんな須川が作り上げてきた、新しい響きを持つ曲と、長く愛され続けてきた名旋律とを交えてのプログラムを、浜離宮公演で是非堪能してもらいたい。



【プログラム】

カッチーニ /朝川朋之:アヴェ・マリア  ※須川委嘱作品

ファジル・サイ:組曲〜アルト・サクソフォンとピアノのための より第1楽章&第3楽章 ※須川委嘱作品

ビゼー/朝川朋之:花の歌(歌劇「カルメン」より) ※須川委嘱作品

ビゼー/ボルヌ:カルメン・ファンタジー 

ジョン・ウィリアムズ:エスカペイズ(映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」より)

ピアソラ:アヴェ・マリア(タンティアンニプリマ)

吉松隆:ファジイバード・ソナタ  ※須川委嘱作品
 


 

チケット価格

全席指定:2,900円(3公演セット券:8,000円)いずれも税込
【vol.194】1/31(金)舘野泉ピアノリサイタル
【vol.193】3/24(火)神尾真由子ヴァイオリン・リサイタル

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
〈3公演セット券はこちら〉
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=w20123
電子チケットぴあ
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

※託児サービスあります(要予約)。お問い合わせ・お申し込みはイベント託児・マザーズ(0120-788-222)

出演者プロフィール

須川展也(サクソフォン)Nobuya Sugawa , Saxophone

 日本が世界に誇るサクソフォン奏者。そのハイレベルな演奏と、自身が開拓してきた唯一無二のレパートリーが国際的に熱狂的な支持を集めている。名だたる作曲家への委嘱も積極的に行っており、須川によって委嘱・初演された多くの作品がクラシカル・サクソフォンの主要レパートリーとして国際的に広まっている。近年では坂本龍一「Fantasia」、チック・コリア「Florida to Tokyo」、ファジル・サイ「組曲」「サクソフォン協奏曲」などがある。
また最近はサクソフォン1本による無伴奏の世界にも新たに取り組んでいる。
 N響をはじめ日本のほとんどのオーケストラと共演、海外でもBBCフィル、フィルハーモニア管、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団等と多数共演を重ねている。
東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。出光音楽賞、村松賞を受賞。98年JTのTVCM、02年NHK連続テレビ小説「さくら」のテーマ演奏をはじめ、TV・ラジオへの出演も多い。89年から2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを務めた。14年にデビュー30周年を迎え、東京文化会館大ホールでの記念公演は完全完売の大盛況となった。19年にデビュー35周年を迎えた。
 これまでに約30枚のCDをリリース。最新CDは16年発売の「マスターピーシーズ」(チック・コリア/ファジル・サイ/吉松隆)。2014年には著書「サクソフォーンは歌う!」を刊行。
トルヴェール・クヮルテットのメンバー、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督。

使用楽器:ソプラノSax:YSS-875EXG
アルトSax:YAS-875EXG   (いずれもヤマハ株式会社)

http://www.sugawasax.com

小柳美奈子(ピアノ)MInako Koyanagi , Piano

 東京藝術大学卒業。伴奏のイメージを変えてしまう、アンサンブル・ピアニスト。様々なプレイヤーの呼吸の機微を読み取り、それに寄り添うしなやかな感性を数多くのリサイタル、レコーディングで発揮している。吉松隆「サイバーバード協奏曲」の準ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団他と共演。
 須川展也氏をはじめとした共演での録音は10数枚を超える。また須川氏に献呈された多くのデュオ作品(吉松隆氏、西村朗氏、長生淳氏等)のほぼ全ての初演を手がけている。中でも03年に発売された須川氏の3枚組アルバム「Exhibition of Saxophone」に於ける須川氏との絶妙なコンビネーションは、大絶賛を浴びた。パーカッションの山口多嘉子とのデュオ「パ・ドゥ・シャ」で、吉松隆氏の作品を収めたCDも発表している。
海外での演奏も多く、訪れた国はヨーロッパ各国、アメリカ、ロシア、およびアジア諸国など20か国におよぶ。いずれのステージでも多くの注目を集め、高い評価を得ている。

トルヴェール・クヮルテットの共演者としてのキャリアも長く、9枚の録音に参加。
トリオ「YaS-375」のメンバー。
ピアノを安川加寿子、梅谷進、秦はるひ、今井正代、長谷川玲子、本村久子の各氏に師事。