コンサート情報

2020年5月16日(土) 14:00

【公演延期】
ベル・クォーレ&オルソビアンコ マンドリンコンサート

出演

ベル・クォーレ、オルソビアンコ(マンドリン&ギターアンサンブル)

内容

 【公演延期のお知らせ】
  新型コロナウイルスの感染防止に伴い、延期させていただきます。
  現在、延期日程等、調整中ですので、決まり次第、告知いたします。
  何卒、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

  アストル・ピアソラ:タンゴの歴史、ほか

チケット価格

全席自由:¥1,000/当日¥1,500

チケット申し込み

ベル・クォーレ(井上)
TEL:03‐3712-3819
E-mail: mandolino61@yahoo.co.jp
URL:http://belcuore.org
出演者プロフィール

ベル・クォーレ

ベル・クォーレ(イタリア語で「美しい心」の意)は、1982年に創立されたマンドリンとギターのアンサンブルです。

2011年、団体名を設立当初からの「ベラ・クォーレ」から、文法的に正しい「ベル・クォーレ」に改称いたしました。

年に一度の定期演奏会に向けて、主に目黒区の公共施設内で毎週土曜日に練習を行っています。
団員は10歳代から60歳代までと幅広く、目黒区内のみならず毎回遠方から通っている仲間も。
共通するのは、「音楽が、楽器の演奏が好きでたまらない」という思いです。
演奏する曲は、クラシックの曲の中でマンドリン・ギターアンサンブルにふさわしく、なおかつ心の奥底に響く様な名曲ばかりです。

練習は毎回、小出雄聖氏や國土潤一氏など、プロ指揮者の方に指導をお願いしています。
懇切丁寧な指導のもと、1音ずつ1フレーズずつ音楽作りをしています。
私達はどうしても、マンドリンという楽器の枠に縛られた発想や演奏表現におちいりがちです。
でもその音楽が本当に求めている響きや音はどういうものか、枠に囚われないその指導にはいつも気づかされることばかりです。
美しい音楽の本質にどれだけ近づくことができるのか、日々考え、ときには悩み… 少しずつ前に進んでいます。

是非一度、私達の演奏会に足を運んでみてください。
細部にまで命を吹き込んだ音楽を、ホールいっぱいにお届けします。
そしてご興味をもたれた方、いつでも見学にいらしてください。お待ちしております。

http://belcuore.org

オルソビアンコ

平成14年9月に、國土潤一氏と共に《マンドリン弾いて、聴いて、心地よく音楽を楽しもう》という有志で練習を始めました。

当初は「名前のないマンドリンアンサンブル」でしたが、平成15年6月に「プレクトラムアルモニコ オルソビアンコ」として、正式に発足しました。

國土潤一氏の指導のもとに、マンドリン音楽の調和(プレクトラム アルモニコ)をめざし、弾く人(プレーヤー)のみならず、聴く人(観客)とも心地よく調和する音楽を演奏したいとの思いで練習に励んでいます。

曲は主にクラシックの編曲ものやマンドリンオリジナルを練習していきます。

練習は、月に1回か2回、主に恵比寿社教会館で18時~20時30分まで行っています。
メンバーは、学生時代や社会人サークルのマンドリンクラブでの経験者が多いのですが、長いブランクがあって復帰してきた方もいます。
 

http://orsobianco.ciao.jp