コンサート情報

  • 先月へ
  • 2020

    8月

  • 次月へ

2020年8月28日(金) 11:30


【浜離宮ランチタイムコンサートvol.199】
北村朋幹ピアノ・リサイタル

  • 託児

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

北村朋幹(ピアノ)

北村朋幹 (C)TAKA MAYUMI
北村朋幹 (C)TAKA MAYUMI

内容

気鋭のピアニストが挑むベートーヴェン最後期のソナタ

最年少15歳で浜松国際ピアノコンクール入賞。その後国内外の数々のコンクールで入賞したのち、ドイツに本拠を置きながら古楽器演奏から現代曲まで幅広く活動する北村朋幹が、ベートーヴェン生誕250周年の今年、晩年の傑作ソナタ第31番を弾く。

【プログラム】

ショパン:2つの夜想曲 Op. 32
ブラームス:6つの小品 Op. 118
細川俊夫:エチュード集より     
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op. 110

本公演の選曲について北村さんからお言葉をいただいていますのでご紹介します

「コンセプトを設け、それをもとにプログラムを作る事はとても興味深いことではあるのですが、一方では無意識のうちにそのテーマ  に縛られ、選んだ曲の特定の一面ばかりを見てしまうような危うさも含んでいます。
"本物の"音楽は、それがどんなに短い曲であっても「もう他になにもいらない」と思えるほどに確立した景色を持っていますし、たとえ作曲家・作品同士に直接的な関係がなくても、音楽史という1つの流れの中のどこかで、必ず呼応し合うものだとも感じています。

演奏というのは作品のほんの1部でしかなく、その作品自体よりも、それを作った作曲家自身やその時代背景が好きである曲に取り組む、という事もよくあります。
ですが今回は、その音自体に惹かれる曲ばかりを、理由もないままに心赴くままに選曲できた気がします。
その意味では、もっとも純粋な意味において「今ほんとうに演奏したい曲」なのかもしれません。   北村朋幹」


★2/29(土)10:00~3/28(土)18:00 Web会員先行販売実施!
                                                        

チケット価格

全席指定:2,900円(3公演セット券:8,000円)いずれも税込
【vol.198】7/14(火)上野星矢フルート・リサイタル
【vol.200】9/29(火)林美智子メゾソプラノ・リサイタル

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
〈3公演セット券のWeb購入はこちら〉 
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=w20789
電子チケットぴあ
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

※託児サービスあります(要予約)。お問い合わせ・お申し込みはイベント託児・マザーズ(0120-788-222)

出演者プロフィール

北村朋幹(ピアノ) Tomoki Kitamura , Piano

3歳よりピアノを始め、浜松国際ピアノコンクール第3位、シドニー国際ピアノコンクール第5位ならびに3つの特別賞、リーズ国際ピアノコンクール第5位、ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール第2位受賞。第3回東京音楽コンクールにおいて第1位ならびに審査員大賞(全部門共通)受賞、以来日本国内をはじめヨーロッパ各地で、オーケストラとの共演、ソロリサイタル、室内楽、古楽器による演奏活動を定期的に行っている。2019年4月ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーで編成される「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」のソリストに抜擢された。録音は「遙かなる恋人に寄す―シューマン「幻想曲」からの展望―」、「夜の肖像」、「黄昏に-ブラームス/リスト/ベルク作品集 」がそれぞれフォンテックから発売され、レコード芸術をはじめとする主要紙において好評を得ている。また2019年11月に新譜「Bagatellen」をリリース。

東京藝術大学に入学後、2011年よりベルリン芸術大学ピアノ科で学び最優秀の成績で卒業。伊藤恵、エヴァ・ポブウォッカ、ライナー・ベッカー各氏に師事。現在はフランクフルト音楽・舞台芸術大学に於いて、イェスパー・クリステンセン氏のもと歴史的奏法の研究に取り組んでいる。

http://tomoki-kitamura.com/