コンサート情報

  • 先月へ
  • 2020

    11月

  • 次月へ

2020年11月20日(金) 11:30


【浜離宮ランチタイムコンサートvol.202】
藤原真理 チェロ・リサイタル

  • 託児

7/9(木)10:00

logo_ah.gif朝日新聞社

出演

藤原真理(チェロ) 倉戸テル(ピアノ)

©Atsuya Iwashita
©Atsuya Iwashita

内容


昨年に演奏活動40周年を迎え、ますますその演奏に円熟味を増す藤原真理。今回はブラームスのチェロ・ソナタを中心に、シューマンやメンデルスゾーンなどロマン派の珠玉の名作を集めて届ける。共演は藤原の絶大な信頼を寄せる名ピアニスト、倉戸テル。


【プログラム】

ブラームス:チェロ・ソナタ第1番 ホ短調 Op.38
メンデルスゾーン:無言歌 Op.109
ブラームス:セレナード第1番 ニ長調 Op.11より メヌエットⅠ、Ⅱ
      7つの幻想曲 Op.116より 間奏曲
メンデルスゾーン:チェロ・ソナタ第2番 ニ長調 Op.58より第3楽章
シューマン:幻想小曲集 Op.73
パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17 MS109


★5/29(金)10:00~6/20(土)18:00 Web会員先行販売実施! お申し込みは下記「WEB購入はこちら」へ

 

【公演チケットの販売につきまして】
新型コロナウイルス感染拡大の防止に細心の注意を払い、当面はお客さま同士の密接を避けるため、席の間隔を空けて販売いたします。
連席をご希望のお客さまでも、1席ずつ間隔を空けての販売とさせていただきます。
なお、今後拡大の収束が見られた際には、売り止めの座席を販売する場合がございます。

みなさまにはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
10~12月 3公演セット券のweb購入はこちら
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=w20112

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

出演者プロフィール

藤原真理 Mari Fujiwara チェロ

大阪生まれ。1959年に桐朋学園「子供のための音楽教室」に入学し、斎藤秀雄に師事。1971年第40回日本音楽コンクール・チェロ部門第1位および大賞を受賞。その後世界の巨匠であるフルニエ、ロストロポーヴィチ両氏に師事。1978年第6回チャイコフスキー国際コンクール第2位受賞。以後名実ともに日本を代表するチェリストとして国内外で活躍。2012年秋には世界的名手ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン)とウラディミール・メンデルスゾーン(ヴィオラ)と結成している<モーツァルト・トリオ>日本ツアーを全国6か所で実施し、好評を博した。
DENONレーベルよりソナタ集、室内楽など多数CDをリリース。2014年に30年ぶりのJ.S.バッハ無伴奏チェロ組曲の新録音<J.S. Bach 6 Suites a Violoncello solo senza Basso>をナクソス・ジャパンよりリリース、レコード芸術誌特薦盤に選ばれるなど大好評を博す。
2019年には演奏活動40周年を記念して、浜離宮朝日ホールにてベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲演奏会を2日にわたり開催、日本を代表するチェロ奏者として第一線で活躍中。

http://www.mari-fujiwara.com/

倉戸テル Teru Kurato ピアノ

東京芸術大学大学院修士課程修了。ジュリアード音楽院大学院卒業。オーケストラとの共演、国内外でのリサイタル活動の他、室内楽の分野でも絶大な信頼を得ており、特に藤原真理(チェロ)との共演回数は200回を超える。2008年、ベートーヴェンのピアノトリオ「街の歌」を中心としたCDをリリース(オクタヴィア・レコード)。ピアノを芝令子、矢部民、高良芳枝、故堀江孝子、マーティン・キャニンに、室内楽を故サミュエル・サンダース、ジョナサン・フェルドマン、チャールズ・ナイディックの各氏に師事。宮城教育大学教授。