コンサート情報

  • 先月へ
  • 2020

    11月

  • 次月へ

2020年11月19日(木) 14:00


藤原道山 20th Anniversary コンサート
雙-SO-

  • 託児

6/11(木)10:00発売

logo_ah.gif朝日新聞社

出演

藤原道山(尺八) keiko(ピアノ)
ゲスト 武部聡志(ピアノ・音楽プロデューサー)

ゲスト:武部聡志(ピアノ・音楽プロデューサー)
ゲスト:武部聡志(ピアノ・音楽プロデューサー)
共演:keiko(ピアノ)
共演:keiko(ピアノ)

内容


邦楽の枠を越え、尺八の可能性を切り拓いてきた藤原道山が、2人のゲスト・ピアニストを迎えたスペシャル・コンサートを開催!
2日目は音楽プロデューサーとして幅広いジャンルで活躍する武部聡志を迎える。
ソロ、そしてピアノとのデュオでじっくりと尺八の音世界を届ける。

 

★音楽情報雑誌「ぶらあぼ」web版にて、藤原道山インタビュー掲載中。詳細はこちら。
藤原道山デビュー20周年記念CD「雙」発売決定!詳細はこちら 

【2日目】~音楽プロデューサー 武部聡志を迎えて~
もらい泣き(武部聡志/溝渕大智/マシコタツロウ)
春告鳥(マシコタツロウ)
東風(藤原道山)
都山流本曲(藤原ソロ) ほか
 

【1日目】11/18(水)~JAZZピアニスト 国府弘子を迎えて~ 詳細はこちら


★5/29(金)10:00~6/10(水)18:00 Web会員先行販売実施! お申し込みは下記「WEB購入はこちら」へ

 

【公演チケットの販売につきまして】
新型コロナウイルス感染拡大の防止に細心の注意を払い、当面はお客さま同士の密接を避けるため、席の間隔を空けて販売いたします。
連席をご希望のお客さまでも、1席ずつ間隔を空けての販売とさせていただきます。
なお、今後拡大の収束が見られた際には、売り止めの座席を販売する場合がございます。

みなさまにはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

チケット価格

全席指定・税込:¥5,500 2公演セット券:10,000円)

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
2公演セット券のweb購入はこちら
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=wfdset
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

出演者プロフィール

藤原道山(尺八演奏家) Dozan Fujiwara  

初代山本邦山に師事。東京藝術大学卒業、同大学院音楽研究科修了。安宅賞、江戸川区文化功績賞、松尾芸能賞新人賞、「季(TOKI)-冬-」で平成30年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。これまでにCD、映像作品等多数リリース。伝統音楽の演奏活動及び研究を行うと共に、マリンバ奏者SINSKEとの「藤原道山×SINSKE」、チェロ・ピアノとの「KOBUDO -古武道-」や尺八アンサンブル「風雅竹韻」といったユニット活動、さまざまなミュージシャンとの共演を積極的に行う。映画『武士の一分』にゲスト・ミュージシャンとして参加したほか、『敦』『マクベス』(野村萬斎演出)、『ろくでなし啄木』(三谷幸喜演出)、スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』『オグリ』(四代目市川猿之助主演)などの舞台音楽、吉永小百合氏の朗読アルバム「第二楽章 福島への思い」の音楽監修も手がける。NHK「にほんごであそぼ」にレギュラー出演中。中学音楽教科書「中学校の器楽」(教育芸術社)編集協力及び出演。東京藝術大学講師を務める他、後進の育成にも力を注ぐ。現在、都山流尺八楽会大師範。都山流道山会主宰、日本三曲協会、江戸川邦楽邦舞の会会員。「曠の会」同人。本年、デビュー20年を迎えCD発売、記念コンサート開催する。

http://www.dozan.jp

ゲスト 武部聡志(作曲家・編曲家・音楽プロデューサー) Satoshi Takebe

国立音楽大学在学時より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。一青窈、今井美樹、華原朋美、JUJU、ゆず、平井堅等のプロデュース、CX系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」etcの音楽担当、CX系「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の音楽担当等、多岐にわたり活躍している。

共演 keiko(ピアニスト)

東京藝術大学作曲科在学中にNHK「お昼ですよ ふれあいホール」で日替わり曲をアレンジと演奏を担当、番組の顔として話題となる。2006年CDデビュー、現在までに4枚のCDをリリースし楽曲・アレンジを全て手掛ける。2010年TBS「ミュージックアワー」でkeyboardとアレンジを担当。2011年以降は作家・大嵜慶子としてCM、TV番組の音楽制作にも携わっている。
確かなテクニックと多彩な色彩感で音楽を操る作曲家、アレンジャー、ピアニスト、キーボーディストとして活動中。