コンサート情報

  • 先月へ
  • 2020

    12月

2020年12月16日(水) 19:00


シューベルト・プラス特別編
田部京子ピアノ・リサイタル
《ベートーヴェン生誕250年記念》

  • 託児

9月16日(水)10:00

logo_ah.gif主催:朝日新聞社/MIYAZAW&Co. 協力:スタインウェイ・ジャパン株式会社

出演

田部京子(ピアノ)

©AKIRA MUTO
©AKIRA MUTO

内容

日本を代表する実力派ピアニスト田部京子が、シューベルトを軸にドイツ・ロマン派の音楽を追い求めるリサイタル・シリーズ「シューベルト・プラス」。今回のプログラムは、シューベルトが生涯敬愛していたというベートーヴェンの生誕250年を記念した特別編。
彼のピアノ・ソナタ全32曲のうち晩年に作曲され、後期3大ピアノ・ソナタとも称される3曲を一挙演奏、ベートーヴェン・イヤーを締めくくる。


「今回の主役は、この日250歳の誕生日を迎えるベートーヴェンです。
生涯ベートーヴェンに敬愛の念を抱き続けたシューベルトの小品アダージョD.612と共に、主賓ベートーヴェンを招き入れます。
常に革新と共に変遷を遂げた32曲に及ぶベートーヴェン:ピアノソナタの終着点、第30番op.109・第31番op.110・第32番op.111は、
ロマン派への架け橋でもあり、絶望、苦悩、歓喜などが明確に表現されるベートーヴェン作品の中において、
それらを超越する境地に達したかのように崇高で、慈愛に満ちた人間ベートーヴェンの深淵な魅力を湛えた傑作です。
苦悩を経た後に希望と救いを・・・という後世への祈りとも思える至高の音楽を通じて、
楽聖の記念すべき一夜を皆様とともに過ごせますように切に願います。」 (田部京子)


プログラム
シューベルト:アダージョ ホ長調 D.612
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op.110
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111


★8月29日(土)10:00~9月15日(火)18:00 Web会員先行販売実施!お申し込みは下記「Web購入はこちらへ」

※シューベルト・プラス第7回(7/3)のチケットをお持ちの方は、当公演で有効となります。公演まで半券のついたまま大切に保管ください。

【公演チケットの発売について】

新型コロナウィルス感染拡大の防止に最新の注意を払い、当面はお客様の同士の密接を避けるため、席の間隔を空けて販売いたします。

なお、今後拡大の収束が見られた際には、売り止め席を販売する場合がございます。

みなさまにはご不便をおかけしますが。ご理解とご協力をお願いいたします。

チケット価格

全席指定¥5,300

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
TEL:03-3267-9990
朝日ホール・チケットセンター
URL:http://t.pia.jp
ローチケ.comロゴ
Lコード:33896
電子チケットぴあ
Pコード:186-848
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

サンライズプロモーション東京(平日12:00~15:00)

0570-00-3337
出演者プロフィール

田部京子

17歳で日本音楽コンクール優勝。東京芸術大学に進学後、ベルリン芸術大学、大学院を首席で卒業。エピナル国際ピアノコンクール優勝、シュナーベルコンクール優勝、ミュンヘン国際音楽コンクール(ARD)第3位など受賞多数。バイエルン放送響、バンベルク響、モスクワ・フィルなど多くの海外オーケストラとの共演ほか、世界のトップアーティストから共演者に指名され厚い信頼を寄せられている。
CDは30枚以上リリース、国内外で特選盤に選出されるほか、レコード・アカデミー賞を受賞するなど高い評価を受けている。2003年にスタートし大成功を収めているリサイタルシリーズ(浜離宮朝日ホール) は、2016年からスタートした『シューベルト・プラス』シリーズが現在進行中。NHKドラマ「夏目漱石の妻」の挿入曲「シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番」の演奏でも話題を呼んだ。
CDデビュー25周年を迎えた2018年は、新譜リリースに加え、東京芸術劇場で一夜にモーツァルトとグリーグ2曲のピアノ協奏曲を演奏したほか、全国各地でリサイタルを行った。2020年は、ベートーヴェンの2大協奏曲「ヴァイオリン協奏曲ニ長調(ピアノ協奏曲版 op.61a)」&「皇帝」を一挙に演奏する特別公演(9月1日・サントリーホール)ほか各地で公演が予定されている。第一線で演奏活動をする傍ら、桐朋学園大学院大学教授を務める。現在、日本を代表する実力派ピアニストとしてますます人気を集めている。

http://www.kyoko-tabe.com