コンサート情報

2022年1月21日(金) 11:30 (開場10:45)


【浜離宮ランチタイムコンサートvol.210】
鈴木優人(チェンバロ)&鶴田洋子(フラウト・トラヴェルソ)

  • 託児

11/4(木)10:00発売

logo_ah.gif朝日新聞社/浜離宮朝日ホール

出演

鈴木優人 (チェンバロ)
鶴田洋子 (フラウト・トラヴェルソ)

©Marco Borggreve
©Marco Borggreve

内容

鍵盤奏者、指揮者、音楽祭のプロデューサーなど幅広く活躍する鈴木優人のチェンバロと、ピリオド楽器のスペシャリスト鶴田洋子のフラウト・トラヴェルソによるデュオ・リサイタル。息の合った二人の演奏でバッハの名曲を、また鈴木のチェンバロ・ソロも演奏予定。
 
  
【プログラム】

フローベルガー  トッカータ集第2巻より第1番 イ調

C.P.E. バッハ   フルートとチェンバロのためのソナタ イ短調 Wq.128 H.555

フローベルガー  組曲ホ短調より「大きな危険の中、小舟でライン川を渡りながら作曲したアルマンド」FbWV-627 解説付き

C.P.E.バッハ   ヴュルテンベルク・ソナタ 第1番 イ短調 Wq. 49 / 1, H.30

===

オトテール    組曲ト長調 作品2-3

ラモー      新クラヴサン組曲集 第2番より「めんどり」

クープラン    クラヴサン曲集第2巻第6オルドル神秘的なバリケード No.6-5

J. S. バッハ    フルートとオブリガートチェンバロのためのソナタ BWV 1030 ロ短調


 
 

  
チケットお求めに際して (8/24)
・当公演は、政府および東京都の新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに則て、客席の販売に配慮いたします。
・今後の状況次第では、座席販売の停止や、追加販売を行う場合がございます。
・やむを得ぬ事情により曲目、出演者等が変更になった場合でも、公演中止を除きチケットの払い戻しはいたしません。
 
 

チケット価格

全席指定:2,900円(1月~3月の3公演セット券:8,000円)いずれも税込
【vol.211】2/22(火)砂川涼子ソプラノ・リサイタル
【vol.212】3/25(金)神尾真由子ヴァイオリン・リサイタル

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
1~3月 3公演セット券のWeb購入はこちら
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=w22123
電子チケットぴあ
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00-18:00)

出演者プロフィール

鈴木優人 ( チェンバロ)Masato Suzuki (Cembalo)

東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。第18回齋藤秀雄メモリアル基金、第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)首席指揮者、読売日本交響楽団指揮者/クリエイティヴ・パートナー、アンサンブル・ジェネシス音楽監督。指揮者としてNH交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。2017、2020年には鈴木優人プロデュース・BCJオペラシリーズを制作、上演。モンテヴェルディ:歌劇「ポッペアの戴冠」(2017)、ヘンデル:歌劇「リナルド」(2020)はバロック・オペラの新機軸として高く評価されるとともに多くの話題を呼んだ。メディアへの露出も多く、NHK-FM「古楽の楽しみ」レギュラー、テレビ朝日「題名のない音楽会」にもゲストとして度々出演している。
録音はハルモニア・ムンディよりアントワン・タメスティ(ヴィオラ)との新譜をリリース(2019)。
調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。

鶴田洋子 (フラウト・トラヴェルソ) Yoko Tsuruta ( flauto traverso)

東京藝術大学器楽科卒業、アムステルダム音楽院古楽科(オランダ)卒業。現在もオランダに在住し、バロックを始めとするピリオド楽器のスペシャリストとして、ヨーロッパ屈指のグループと共演を続けている。
これまでにモダンフルートを鈴木章浩、高市紀子、金昌国、中野富雄、木ノ脇道元、Harrie Starreveld各氏に、バロックフルートを前田りり子、Marten Root、菅きよみ各氏に師事。
これまでにオランダ・バッハ協会(De Nederlandse Bach Vereniging)、バッハ・コレギウム・ジャパンなどと共演。またスイス、ザンクトガレン・バッハ財団(J.S. Bach-Stiftung, St. Gallen)とのカンタータ全曲録音に参加している。
室内楽にも積極的に取り組み、特にバロックからロマンティックのフルートを吹くRaquel Martorell Dortaとのデュオ・In Melodic Styleでは楽器のデモンストレーションを交えた演奏会を、オランダを中心に各地で行なっている。