コンサート情報

2022年10月18日(火) 13:30(12:45開場)


【浜離宮アフタヌーンコンサート】
風ぐるま~時代を越えて音楽の輪を回す~

  • 託児

6/28(火)10:00発売

logo_ah.gif朝日新聞社/浜離宮朝日ホール

出演

波多野睦美(歌)高橋悠治(作曲・ピアノ)栃尾克樹(バリトンサクソフォーン)

©HAL KUZUYA(波多野睦美)、え・柳生弦一郎(高橋悠治)
©HAL KUZUYA(波多野睦美)、え・柳生弦一郎(高橋悠治)

内容

波多野睦美(歌)、高橋悠治(作曲・ピアノ)、栃尾克樹(バリトンサクソフォーン)による音楽ユニット。中世、バロックの音楽、高橋悠治作品など、ジャンル、時代を越えた独自のプログラムで2012年から活動。
これまでに「風ぐるま」「風ぐるま2~鳥のカタコト、島のコトカタ」の2枚のCDを発表。
 
「ことばと音、音と音楽、音・音楽とイメージのゆらぎや乖離が明滅するさまざまを体感する場、メディアとして聴きたい。こういううたもあるんだ、ありうるんだ。」(小沼純一/「一個人」)
 
予定プログラム
パーセル:コールドソング ほら夜がやってくる
ピアソラ:オブリビオン(編曲:啼鵬)
J.S.バッハ:プレリュードとフーガ
高橋悠治:バッハと歩哨(詩:ガーニー) 六番の御掟について(詩:辻征夫) ほか
*プログラムは変更となる場合がございます。
 
 
一般発売に先駆けて、特別先行販売を実施します
5/28(土)10:00~6/11(土)18:00 
お申し込みはこちら 
 *お申し込みは先着順となります。
 *枚数限定のため、期間内でも受付を終了する場合がございます。予めご了承ください。
 
 

チケット価格

¥5,000(指定・税込)

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)

出演者プロフィール

波多野睦美(はたのむつみ) メゾソプラノ

英国ロンドンのトリニティ音楽大学声楽専攻科修了。シェイクスピア時代のリュートソングでデビューし、歌曲を中心にレパートリー、活躍の場を広げる。またバッハ「マタイ受難曲」、ヘンデル「メサイア」などの宗教作品、オラトリオのソリストとして鈴木雅明、寺神戸亮指揮のバロックオーケストラ等と共演。
バロックオペラにおいては深い表現力で注目される。間宮芳生、高橋悠治、権代敦彦ら現代の作品を作曲家から厚い信頼を得て演奏。
CDは古楽器との共演による作品の他、高橋悠治(作曲/ピアノ)とのソングブック「ねむれない夜」、シューベルト「冬の旅」、栃尾克樹とのトリオによる「風ぐるま」、大萩康司(ギター)との「プラテーロとわたし」他多数。今年7月に北村聡(バンドネオン)との新作を発表。
「名曲アルバム」「BSクラシック倶楽部」「題名のない音楽会」等に出演。

http://hatanomutsumi.com/

高橋悠治(たかはしゆうじ) 作曲・ピアノ

1960年草月アートセンター
1974-76年季刊誌「トランソニック」
1978-85年「水牛楽団」「月刊・水牛通信」
以来は作曲・演奏・即興で少数の協力者と活動を続ける

著書:「高橋悠治/コレクション1970年代」(平凡社)
「音の静寂静寂の音」(平凡社)
「きっかけの音楽」「カフカノート」(みすず書房)

https://suigyu.com/yuji_takahashi/

栃尾克樹(とちおかつき) バリトンサクソフォーン

喜田賦、阪口新、冨岡和男の各氏にサクソフォーンを師事
1986年、東京藝術大学卒業、同年民音コンクール「室内楽」一位
現在までにソロアルバム6枚をリリース、最新作「冬の旅」(ピアノは高橋悠治)で2020年 第58回レコード・アカデミー賞・吹奏楽/管・打楽器特別部門賞
高橋悠治、波多野睦美とともにトリオ「風ぐるま」として活動、2枚のCDがある
また「アルモ・サクソフォーン・クァルテット」で7枚、ジャンルを越えたアンサンブル「カラーズ」で3枚、等のCDを発表
東京佼成ウインドオーケストラ団員、武蔵野音楽大学准教授、聖徳大学非常勤講師

http://ktochio.com/